次世代起業家育成セミナー特別編を期間限定で無料プレゼント中!

人生は時間、時給10,000円稼ぐためにやるべきこととは?

しんまん

はじめまして!

53歳で30年間勤めた会社を辞め起業した、しんまんです(^^)

(詳しくは⇒プロフィール記事へ)

先日、息子の幼稚園の卒園式がありました。

式にあたり、妻が着物の着付けと髪の毛のセットの依頼をしました。

朝の5時30分に自宅に来てもらい、約1時間で5,000円払いましたので、時給に換算すると5,000円になります。

自宅まで自転車できてもらったので、交通費はなしです。

朝の5時30分からの仕事、他人の家に行っての仕事を考えると5,000円は時給として高いのでしょうか?

自分の仕事時間を時給換算し、自分の価値を知る

お金の価値や時給の捉え方は人によって違うと思いますが、わたしがサラリーマンだった頃の給料は、手取りで1ヵ月約250,000円でした。

1ヶ月で25日間、1日8時間働いたとして「250,000÷25÷8=1,250」ということで、わたしのサラリーマン時代の時給は1,250円になります。

着付けの方の時給が5,000円なので、わたしのサラリーマン時代の時給は、この方の4分の1だったということです。

現在のわたしの仕事は、OEMによる独自商品の開発、ブログの執筆、補助金などの計画書の作成が主な仕事で、物販のリサーチや仕入にたずさわる時間は多く見ても1日に4時間程度です。

月収100万円として、1ヶ月で25日間、1日4時間働いたとして「1,000,000÷25÷4=10,000」
ということで、現在のわたしの自給は10,000円で、サラリーマン時代の8倍ということになります。

つまり月収100万円稼ぐには、時給10,000万円を目安にすればいいということです。

もちろんボーナスなどを加味すると、もう少し倍率は低くなりますが、手取り25万円なのでボーナスもそれ相応です 笑。

ちなみに、もし起業して稼げない時期があったり、資金繰りが厳しい時期があれば、新聞配達のバイトをしようと思っていました。

新聞配達の時給はだいたい1,300円くらいです。

(私のサラリーマン時代の時給よりいい。(^^; )

1ヵ月で25日間、1日6時間(朝刊と夕刊配達)働いたとして「1,300×25×6=195,000」です。

朝刊と夕刊をセットで配達すると社会保険の付与やボーナスを支給してくれる会社も結構あります。

新聞配達は原付の免許を所持、もしくは自転車に乗ることができれば誰でもできます。

わたしは朝ウォーキングをしているのですが、ウォーキングで通るルートの公園に住んでいるホームレスのおじさんと話したりします。

おじさんは、空きカンを自転車の後ろにたくさん積んで走る人です。

原付の免許はないものの、自転車には乗れるので新聞配達のバイトをしています。

聞いたところホームレスながら、その公園には長年住んでいる?ので信頼感はある?ようです。

もし、ホームレスの人が自宅に行く仕事をするなら、恐らく無理でしょう。

しかし、新聞配達は朝刊だけなら、朝が早いので人と顔を合わすことも、そうありません。

誰にでもできる仕事です。

いかがでしょう?

何を言いたいかとといえば、脱サラして仮に稼げない期間があったとしても、お金を稼ぐ手段はいくらでもあるということです。

そう考えると、脱サラしてからの不安というのは、なくなりませんか?

わたしは、もっと早く脱サラ起業し、自由な自分の人生を生きればよかったと後悔しています。

いま考えるとサラリーマン時代、いかに効率の悪い時間の使い方をしていたかが分かります。

サラリーマン時代、1日8時間以上、会社に時間を投資していた私には「人生=自分の自由な時間」という概念はありませんでした。

なんとなく仕事をして、なんとなく1日を終えて、なんとなく毎日を過ごして、なんとなく毎月給料をもらっていました。

目標なんてありませんでした。

しかし、お金だけは欲しいと思い続けていました。

そう考えている人ってわたしだけでしょうか?

時間とお金が生む価値とは?

わたし、妻、小学生の娘、幼稚園児の息子の4人家族。

当然、手取り25万円では裕福な生活などできません。

当時のわたしは、サラリー以外でお金を生むものはギャンブル以外知りませんでした。

「なんとか、お金を増やしたい」

半ばギャンブルともいえる、無知なネットビジネスの世界へ入り400万円失いました。

その当時のわたしは、「お金さえ払えば成功できる、やり方を教えてもらえる」そう思っていました。

もちろん、こんな甘い考えでお金が増えるはずがありません。

入試のときに「お金払うから答え見せて」といってるようなものです。

わたしは根本から考えが間違っていたのです。

今なら断言できます。

月収100万円、時給10,000円稼ぐには、ビジネスの勉強が必要です。

「お金を稼ぐためには、一定期間ビジネスの勉強をするための時間と、お金を自分に投資しなければ、お金は増えません。」

ビジネスの勉強をした時間とお金が、さらなる自分の自由な時間とお金を生む価値になります。

もし、あなたがサラリーやギャンブル以外でお金を稼ぎたいなら、必ずビジネスの勉強をしてください。

自由な自分の人生を生きたいと思うなら、1日でも早く行動してください。

人生は時間です。

人は必ず人生の幕を閉じる時がきます。

わたしが人生の教訓にして、トイレに張り紙をしている言葉を紹介します。

毎日を人生最後の日だと思って生きていれば、いつか必ずその日はやってくるだろう。人はやらなかったことを最も後悔する

これはスティーブ・ジョブズの言葉です。

一生のうちの1年間を、ビジネスの勉強の時間に投資してみませんか?

そうすればきっと、あなたの人生は激変するはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA