次世代起業家育成セミナー特別編を期間限定で無料プレゼント中!

【国内OEM】1番効果的なメーカーの開拓の展示会とは?

しんまん

はじめまして!

53歳で30年間勤めた会社を辞め起業した、しんまんです(^^)

(詳しくは⇒プロフィール記事へ)

OEMブランドのメーカー開拓方法は、ネットで「〇〇 OEM」や「〇〇 メーカー」とググる方法もありますが、一番効果的なのは「国内展示会」にいくことです。

メーカーが参加する国内展示会は春と秋、1年に2回開催されることが多いです。

一番有名なのは「東京ビッグサイト」ですが、「OEM 展示会」などで検索するといろいろな展示会情報がでてきます。

https://www.bigsight.jp/

わたしは先日、大阪の天満橋にあるOMMビルで開催された「大阪インターナショナルギフト・ショー」に行ってきました。

https://www.giftshow.co.jp/osakagiftshow/64oigs/

展示会とはどんなシステム?

国内展示会に参加するには、まず事前登録が必要です。

気になった展示会をチェックしたら、必要事項を記入し事前登録しておきましょう。

すると、展示会の案内状が郵送されてきますので、それを持参すれば展示会に参加できます。

1度登録すると毎回案内状が送られてきますので、必ず登録しておきましょう。

基本的に展示会は「仕入のための商談会」ですので、一般の人は入場できません。

つまり出展しているメーカーは「自社の商品を販売してくれるパートナー」や「OEMで商品を創ってくれるパートナー」を探しにきているわけです。

そんなチャンスを生かすために、ぜひ展示会に参加しましょう。

展示会に参加する際の注意点

展示会は広いスペースで多くのメーカーが出展しています。

そんな展示会を効率的に回るための注意点を見ていきましょう。

・事前に回るメーカーをチェックしておく

その展示会に登録し、送られてくる案内状には出展メーカー名と簡単な会社概要が記載されています。

あなたが興味がある商品やメーカーを事前にチェックしておき、そのメーカーから順番に回っていきましょう。

そして、時間があればチェックしたメーカー以外も片っ端から回ることをおすすめします。

年に2回、たった1日か2日のチャンスを逃す手はありません。

・履きなれた靴を履いていく

展示会場はかなり広いので、必ず履きなれた靴を履いていきましょう。

わたしは6時間ほど滞在し、かなり歩いたので足にマメができました。(笑)

・服装はカジュアルでもOK

別にスーツを着ていく必要はありません。

わたしも白のTシャツに黒のパンツというカジュアルなスタイルでいきました。


展示会に必要なもの

では、展示会に必要なものをチェックしましょう。

名刺

持っていない人は必ず作っておきましょう。

メーカーはいろんな人と商談しますので、名刺がないとあなたがどんな人か覚えてもらうことができません。

ボールペン

さまざまな情報をメモしておくのに必要です。

ホッチキス

メーカーからパンフレットや販促品など、いろいろなアイテムをもらうことができます。

交渉したメーカーの担当者の名刺と、パンフレットをホッチキスで止め、必要な情報をパンフレットに記入しておきましょう。

そうすると「どんなメーカーでどんな担当者とどういう商談をしたか?」がすぐに分かります。

また、まとめてやるのではなく、1つのメーカーと商談したあとすぐにやっておきましょう。

展示会場には商談スペースや休憩スペースがありますので、そのスペースを活用しましょう。

ペットボトルのお茶

展示会場周辺に自動販売機がありますので、あらかじめ買ってから入場しましょう。

会場内を歩き回りますので喉が渇きます。

デジカメや携帯電話

スマホはほとんどの人が所持していると思いますが、商品撮影ができればOKです。

注意したいのは、基本的には「場内は撮影禁止」です。

メーカーと商談したあと、どんな商品を扱っていたのか?をチェックするために「商品の撮影をしたいのですが、よろしいでしょうか?」と声を掛ければ、ほとんどのメーカーはOKしてくれます。

展示会のメリットとデメリット

続いて、展示会のメリットとデメリットについて見ていきます。

展示会のメリット

・メーカーと直接その場で商談できる

ネットで検索しメーカーと交渉するとなると、メールか電話での対応となります。

その点、展示会で直接その場で相手の顔をみて商談できることは、大きなメリットです。

・商談が進めやすい

ネットでの交渉だと顔が見えていない分、相手も警戒心があります。

その点、展示会での交渉だとメーカー側も「自社商品を販売してくれる相手先」を見つけにきているので、商品についての質問、卸の掛率や販売方法など詳細まで聞くことができるので商談が進めやすいです。

・たくさんのメーカーと商談できる

ネットで数百社のメーカーを探すのは大変ですし、ネットでは見つからないメーカーもあります。

それを「たった1日」で探すことができるのです。

・個人でも対応してくれる

展示会に来場している人は、会社から複数名で来ている人も多いですが、個人で来ている人もいます。

展示会の来場を事前予約し、仕入れ目的であれば誰でも参加できます。

メーカーも自社商品を販売してくれるパートナーを探していますので、個人でも快く対応してくれます。

展示会のデメリット

・対面商談が必要

顔を合わせず、ネットだけで完結したい人には向いていません。

・名刺がないと商談は難しい

名刺は自分のプロフィールやどんなビジネスをしているかの「信頼度」を表すものですので、展示会には必須のアイテムです。

副業でビジネスに取り組んでいる人も、そのビジネス用の名刺を作っておきましょう。

間違っても「自分が勤めている会社の名刺」は出さないようにしてください。

副業で「本当にきちんとビジネスパートナーになってくれるのか?」という不信感を抱かれます。

・体力が必要

かなり歩き回るので、体力が必要です。

日頃からウォーキングをして体力をつけておきましょう。

展示会での商談と交渉のコツ

展示会場を回っていると、メーカーからパンフレットを渡されたり呼び止められたりします。

しかし、事前にチェックしたメーカーから優先的に商談しましょう。

大体のメーカーは2人以上で出展しているので、空いている担当者を見つけたら自分から進んで話かけましょう。

では家電メーカーを例に、私が実際やった商談や交渉した流れを見ていきます。

しんまん

失礼します。今お時間よろしいでしょうか?

メーカー

はい。

この商品はどんなところで販売されており、どんな特徴があるのでしょうか?

この商品はヨドバシカメラやビッグカメラで販売しており、〇〇がこの商品の特徴です。

ちょっと見せていただいてもよろしいでしょうか?

どうぞ見てください。

なるほど、ここが特徴ですね。いい商品ですね!(その商品を褒める)

ありがとうございます。

(ここで名刺交換)

私はオンラインで商品で販売しているのですが、この商品をオンラインで販売させていだだくことはできますか?

楽天やヤフーショッピングでは可能ですが、Amazonはご遠慮させていただいてます。

Amazonは値崩れするからですか?

そうです、店頭販売されているメーカーからクレームがあったからです。

わかりました。この商品の仕入ロット数と掛率はいくらくらいですか?

ロット数は特にありません。3万円以上購入していただくと送料は無料になります。掛率はロット数にもよりますが大体7掛~5掛です。(30%~50%off)

分かりました。ありがとうございます。この商品のOEMは可能でしょうか?可能であればロット数やコストはいくらくらいでしょうか?

OEMは可能です。ロット数は30個からで、コストは数量によって変わってきます。

分かりました。この商品を撮影してもよろしいでしょうか?

大丈夫です。カタログもどうぞお持ち帰りください。

ありがとうございます。後ほどHPで商品や御社の詳細を拝見させていだだきます。

ありがとうございます。お名刺のメールアドレスに弊社の概要をお送りしておきます。

ありがとうござます。よろしくお願いいたします。

こんな流れで商談や交渉をしました。

気になったのは、この家電メーカーに限らず「Amazonでの販売がNGのメーカー」が何社かあったことです。

また、販売できたとしても値下防止のため、販売価格固定が条件のメーカもありました。

Amazonは販売力はありますが、値下げ競争により店頭販売の会社からクレームがきたり、商品のブランド価値を下げてしまうケースが最近多いようです。

国内展示会でおすすめの商品やアイテム

わたしが国内展示会に行って、こんなもの仕入れたりOEMをすればいいなと思った商品をいくつかご紹介します。

こちらは鉄鋼会社の商品ですが、アウトドア用のバケツを作っており、アウトドアとバケツを関連づけた小さくて可愛いバケツが新鮮で目を引きました。

こちらはお香を扱うメーカーで、ラベルを張り替えるだけで少ロットでOEMの対応が可能です。日本の良さや日本の伝統をアピールするための国内OEMとしていいと思います。

こちらは地域に特化した商品で、ヒノキを原材料として色々な商品を作られています。こういった地域に特化したOEM商品もアピール力があるので、あなたが住んでいる県や市をアピールできる商品もいいと思います。

こちらはオリジナルの絵本を作成しているメーカーで、本の主人公の名前をオリジナルに変えれる商品です。基本販売価格は4,180円ですが、それより高く販売しても安く販売しても問題ないようです。例えばAmazonで4,500円で販売し、注文が入ればその後の購入者とのやりとりはメーカーさんがやってくれるそうなので、非常に効率的です。

まとめ

以上、国内展示会について見てきました。

ネットでググってメーカーを探すのもいいですが、展示会には多くのメーカーが出展しているので、1日回ることでたくさんのメーカーと商談することができます。

国内展示会は年2回、2~3日間かけて平日に行われることがほとんどなので、副業で取り組んでいる人は有給や代休を取って行くようにしましょう。

専業でビジネスをしている人も、あらかじめ各展示会をチェックし、できるだけ多くの展示会に申し込み、いろいろと行き比べてみるのもいいです。

中には、化粧品に特化した展示会など、その分野専門の展示会もあります。

あなたが取り扱いたい商品を調べ、そのメーカーが出展している展示会に行ってみるのもいいでしょう。

開催される展示会を調べ、気になった展示会に事前登録すれば案内状が届きます。

案内状を持参すれば、その展示会に参加できますので、まずは行動してみましょう。